Violin-Viola奏者の自分チューニング「左手編」開催案内

ヴァイオリン・ヴィオラを演奏するとき、左手の使い方にどんな悩みがありますか?

  • ポジション移動をスムーズにしたい
  • ハイポジションが届かない
  • ヴィブラートを見直したい
  • 重音が押さえられない
  • 速いパッセージで指が回らない

左手は細かい仕事をたくさんしています。
個々の技法を練習して身につけることは、もちろん大事ですが、全身の調和をとることで、楽に動くようになったり、課題が解決していく場合もあります。
難しい動きをするときに、首や背中にちょっとした力みを加えて、より難しくしていることはありませんか?
ワークショップでは、そんなことを探究していきたいと思っています。

演奏レベルは問いません。プロ・アマ・初心者、どなたでもご参加下さい。

Violin-Viola奏者の自分のチューニング
第2回:左手編「全身で支える左手の動き」

◆日時:2019年 7月14日(日),7月15日(月祝)
    13:15~16:45 ※両日とも同じ内容です
◆会場:渋谷区文化総合センター大和田(渋谷駅 徒歩5分)
◆講師:
  村井薫(アレクサンダー教師、Violin-Viola)
  村上敬子(アレクサンダー教師、Violin)
◆定員:各日6~8名
◆参加費:8000円
 ※初めての方:個人レッスン割引つき(詳細はお申込みページに記載)
◆内容
・レクチャーと体験 
 左手の動きに関係する体の構造を学び、みんなで動きを試します。
・個別ミニレッスン 
 おひとり10~15分ずつ個人レッスンを行い、グループ内で見学し合う形式です。
 楽器の構えや奏法のこと、普段の姿勢や日常活動の悩みなど、各人の希望に沿って進めます。

【関連記事】
 Violin-Viola奏者の自分チューニング「構え編」報告

【続編予定】
第3回:右手編 9月~10月頃
 「自分全体で生み出すボーイング」

 


レッスンご案内

個人・グループレッスンを随時受け付けています。センター北、渋谷、その他出張いたします。お気軽にお問合せ下さい。