ヴァイオリンを楽に弾くために

ヴァイオリンを弾くとカラダに負担がかかるのはしかたない、%e3%83%94%e3%82%a8%e3%83%ad%e6%ad%a3%e6%96%b9
そんなことを言われたり、思ったりしていませんか。

肩が凝る:楽器を挟むのに力がいるから
カラダが歪む:左右非対称の動きだから
左手の痛み:指の動きの繰り返し、ハイポジションの無理な形から
右腕の痛み:弓を長時間動かし続けるから
右手指の痛み:弓の持ち方が難しいから
ヴァイオリンは難しい楽器だから、弾くのが大変なのはしかたない。。。

このような悩みは「自分のチューニング」で改善できるかもしれません。

アレクサンダー・テクニークの一番の基本は、首を楽にすることです。
首といえば、ヴァイオリン奏者にはおなじみの場所ですよね。ヴァイオリンを構えた時、洋服のコンディションで肩当てを調整するように、ヴァイオリン奏者は数ミリの首の変化にも敏感です。

アレクサンダー・テクニークを使って自分をチューニングし、首が楽な状態で頭が脊椎の上でバランスをとりながら楽器を構えたとき、今までとの微妙な違いに気がつくでしょう。この微妙な違いが、全身の楽さ、腕の効率的な動きにつながり、演奏が変化していきます。

ヴァイオリンを弾きながらアレクサンダー・テクニークのレッスンを受ける過程で、私は多くの気づきを得ました。そのことがヴァイオリンのスキル向上に役立っただけでなく、ヴァイオリンを通じてアレクサンダー・テクニークの学びが深まり、それを日常生活にも活かしていけるようになりました。
このような私自身の経験をシェアしながら、多くのヴァイオリン奏者の皆様とお会いできれば嬉しく思います。


レッスンご案内

個人・グループレッスンを随時受け付けています。センター北、渋谷、その他出張いたします。お気軽にお問合せ下さい。